企業法務、なぜ必要か

企業法務がなぜ必要か、それは端的に言えば、法的なトラブルにすぐに対応できるようにするためです。法的なトラブル、といっても、実際に会社に勤めていない方にはピンとこないかもしれません。

簡単に例を挙げると、例えばあるAという会社に、Bという取引先があったとします。A社はB者から毎月商品を仕入れています。本来A社がB社に払う分として『売掛金(将来的な売益)』があります。この売掛金の支払いを怠った場合、当然そもそも取引を行う際には、契約を結んでいることになりますから、その契約が正式なものであれば当然、A社はその契約に関して違反を犯したことになります。一向に支払いが行われないため、ついにB社はA社を法的に訴えることにします。

実際に、こういったトラブルが発生することがあります。そもそもこの場合は全面的に契約を破った方が悪いのですが、ここでA社もB社も、訴訟に関して有利に進めるために、『企業法務』が設置されていることによって、より手続き等を迅速に行うことができます。

法的なトラブルに対応し、また顧問弁護士との連絡なども行う企業法務には、当然ながら法律に関してプロフェッショナルと呼ばれるような人材が必要となります。